血中コレステロールを下げるためにはサポニンはどう摂るのが良い?

サポニンとは、植物の根や葉、茎などに多く含まれている成分で、その効果の高さから近年注目を浴びています。サポニンにもいくつか種類があり、含まれる植物によって種類が異なります。高麗人参や大豆に多く含まれていますが、高麗人参に含まれているものは高麗人参サポニンと呼ばれ、大豆に含まれるものは大豆サポニンと呼ばれています。

得られる効果についてですが、免疫力を高めてくれたり、肝機能を高める効果、血液の流れの改善などの効果があります。また、肥満予防にも効果を発揮してくれる他、血中コレステロールを下げる効果もあります。

以上のように人の体の健康面に大きな効果を発揮してくれるサポニンですが、ここでは血中コレステロールを下げてくれる効果について注目していきます。血中コレステロール値が高いと、血液がドロドロになって流れが滞ってしまいます。そうなると体の末端にまで酸素や栄養が届けられなくなる他、動脈硬化などの重大な疾患を引き起こす可能性があります。このようにコレステロール値が高い状態は、生活習慣病の元となってしまうのです。そしてこの状態を改善してくれるのが、サポニンです。

特に効果的なのは大豆サポニンで、コレステロールの代謝を促し、コレステロール値を正常にしてくれます。血流を促進してくれる働きもあることから、悪玉コレステロール値を下げる効果も期待できます。また、血中の過酸化脂質が血管内に付着するのを防いでくれるため、生活習慣病の予防には不可欠な成分と言えます。

以上のような効果を持つ大豆サポニンですが、大豆そのものから摂取できる他、大豆加工食品からも摂取が可能です。豆腐や豆乳、納豆などです。これらの大豆製品を、可能であれば毎日摂取することで、血中コレステロール値の減少に役立てることができます。また、大豆にはサポニンの他にも多くの栄養素が含まれており、イソフラボンやレシチン、カリウム、ビタミンEなどの成分も、健康維持には欠かせない成分です。とは言え、毎日の食生活だけで補うのが難しい場合もあります。そのような場合には、サプリでの摂取がおすすめです。サプリであればいつでも簡単に摂取することができますし、継続しやすい方法です。また、サプリは食品扱いであることから、食後のタイミングに同時に摂取するのが良いでしょう。

以上、いかがでしたでしょうか。日々の健康に不安を感じる方は、サプリでのサポニンの摂取を検討してみてください。