血中コレステロールが引き起こす健康被害とサポニン

血中コレステロールが上昇すると、様々な健康被害が発生する可能性が高まります。そのため、健康診断などで、その値を気にする人も少なくないでしょう。

そもそもコレステロールとは、人間の体に必要な脂質のことです。細胞膜やホルモン、消化液などの材料となります。主に食事での摂取や肝臓での合成で作り出され、血液に乗って運ばれていきます。

コレステロールは、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)に区別されます。HDLには、血中にある余分なコレステロールを回収をする働きがあります。一方、LDLには、血液や体の組織にコレステロールを運ぶ役割があります。この2つのバランスが取れていると、しっかりとした体の組織を作り出すと共に、余計なコレステロールが体に溜まりづらい、健康な状態になるのです。

ところが、LDLが増加すると、必要以上にコレステロールが血中に運ばれ、血液内に余分なコレステロールが溜まってしまいます。これが、活性酸素と結びついて酸化し、血管を傷つけてしまいます。この傷を修復するために、血栓が作り出されます。これによって、動脈硬化や血管炎といった症状が引き起こされてしまうことがあります。また、血栓ができたことで血管が狭くなり、血流が悪くなってしまいます。これが、高血圧症や心筋梗塞、狭心症、脳梗塞などにつながります。さらに、血流が悪くなることで栄養素が体の器官に届かなくなり、様々な障害を引き起こすこともあります。

このように、血中コレステロールが上昇することで、健康を損なう危険性があることが分かります。血中コレステロールが高く、LDLがHDLよりも割合が高い場合は、注意が必要です。

増えてしまったLDLを下げるのに有効な栄養素の1つが、「サポニン」です。サポニンには、水と油の両方に溶けやすいという性質があります。これによって、余分なコレステロールが体に吸収されるのを防ぐことができ、LDLの低下が期待できます。また、サポニンには抗酸化作用もあります。これにより、活性酸素の減少で血栓の生成を防止する事ができます。つまり、サポニンには、こうした効果によって、LDLの増加によって起こる健康被害を抑えることが出来るのです。

サポニンは、食事の中で取り入れることも可能ですし、サプリメントもあります。血中コレステロールを減少させる効果のあるサポニンを積極的に取り入れて、健康な体を作りましょう。