サポニンで血中コレステロールを下げて免疫力を向上させる

サポニンとは、有機化合物の一種であり、植物の根や葉、茎などに含まれています。苦味やエグ味、渋みなどの元になる成分で、大豆や小豆、黒豆、高麗人参、桔梗など様々な植物に含まれています。特に豆科の植物に多く含まれていると言われています。
植物ごとに種類が異なり、高麗人参に含まれるものを高麗人参サポニン、大豆に含まれるのを大豆サポニンなどと呼びます。

サポニンには様々な健康効果があり、血中コレステロールを下げる働きや免疫力を高める働きを期待することができます。
コレステロールは体のエネルギーになるため必要なものと言えますが、脂質の多い食事などをしていると血中コレステロールの中でも悪玉コレステロールが増えてしまいます。悪玉コレステロールが増えてしまうと血液の流れが悪くなったり、酸素や栄養などを体の隅々にまで届けにくくなり、血管に血栓もできやすくなってしまいます。血栓ができると動脈硬化などの病気を引き起こしてしまいます。

サポニンはそんな血中コレステロールである悪玉コレステロールを低下させる効果があり、血液の流れを良くする効果があります。
また、サポニンにはホルモン分泌を促進したり免疫機能を高める働きもあります。そのためウイルスや細菌から効率的に体を守ることができます。

これはサポニンが免疫細胞のひとつであるナチュラルキラー細胞を活性化するためで、免疫機能を高めることによって風邪やインフルエンザなどの病原菌などから体を守ることが可能となります。
また、風邪などの病原菌以外にも花粉症やアレルギーなどの症状を予防したり緩和するのにも役立つとされています。
その他、サポニンには過酸化脂質の生成を抑制して肝機能を高める働きや、適量に摂取することによって咳や痰を抑制する効果などの効果も期待できます。

このような働きから、肥満を予防したい人や血流を改善したい、免疫力を高めたい、生活習慣病を予防したい人などにオススメの成分といえます。

含まれている食材としては大豆製品である高野豆腐やがんもどき、油揚げ、豆乳、納豆などに含まれています。
毎日続けて食べることによって健康効果を期待することができますが、食品から摂取するのが難しいという場合にはサプリメントで摂取することが効率が良いとされています。
サプリメント以外にもお茶に配合されているものも販売されているため、自分に合った方法で取り入れていくことが健康につながっていきます。