サポニンが血中コレステロールを下げる仕組みとは

血中コレステロールを下げてくれる成分としてサポニンと呼ばれる成分があります。サポニンという言葉にあまり聞きなじみのない人も多くいますが、サポニンによって血中コレステロールや血糖値を下げてくれるなど様々な効果を発揮することになります。サポニンは主に植物の根や葉、茎などに多く入っており、大変苦いものとなっており、高麗人参、大豆に多く含まれています。サポニンは別名天然の界面活性剤と言われており、水に溶かして振るだけで泡立つようになっています。

サポニンが血中コレステロールを下げる仕組みとして、まさにこの天然の界面活性剤と呼ばれる性質が大きく関係していきます。界面活性作用にとってサポニンは細胞膜を破壊します。細胞膜はコレステロールが作ることから、これを破壊し、分解することでコレステロールの濃度を下げることができるようになります。また、細菌の細胞膜も同じように退治してくれることから殺菌効果も期待されるなど、サポニンにはいくつもの効果があることが分かります。そして、サポニンは油を分解してくれるため、体内の油を分解し、排出させてくれる効果も持ち合わせています。そして、中性脂肪などを抑えてくれ、蓄積を防ぎ肥満を予防する効果もあります。

脂肪の蓄積を防ぐ効果、血中コレステロールを下げる効果は老化防止にもつながります。血中コレステロールが増えることで血液がドロドロになり、老化を進行させる大きな要因となります。だからこそ、サポニンを摂取し、血液の流れをよくすることで老化を防げるということになっていきます。老化防止というのはアンチエイジングの効果を生むことと同じ意味をなしており、特に大豆に含まれるイソフラボンも有効であることから大豆サポニン、イソフラボンの両面でアタックすることが効果的であると言えます。

とはいえ、副作用もあるため注意が必要です。コレステロールで構成されている細胞膜を破壊することで血中コレステロールを分解するということができますが、細胞膜を破壊し赤血球まで壊す、いわゆる溶血作用というものがあります。また、悪玉コレステロールだけを分解すればいいものの、善玉コレステロールまで分解することもあるため、たくさん飲めばそれだけ効果があるといって摂取しないようにすることが求められます。1日の摂取量はタンパク質と同等であることが理想であるため、そこを目安にサポニンを摂取していくことが大切です。